Almond ”ピンウィール”

Almond surfboards”Pin Wheel”をご購入の久保田さんからインプレッションが届きました!40代〜50代のサーファーは必読です! 人間五十路が近くなると誰しも「あと何年生きられるかな」とか「第二の人生何しようかな」とか、、、、、思わないかな。私も今から3年前くらい思ったのだが、そんなことを。 そしてどうしても「サーフィンをやらなくては」という結論をだしてしまった。 サーフィンは20歳を迎える頃から知っていた。信州の田舎から東京へ就職した私は、サーフィン=海=女の子、そんな方程式を友達と信じ込みサーフィンをかじった。本当に少しだけかじった。 そしてサーフィンにのめり込んだ五十二歳は「ゴルフやってるよか全然面白い」と、友人達にティーグランドで宣う。 そんな私の3枚目の「愛機」に師匠”鈴木氏”が選んでくれたボードが、この”アーモンド ピンウィール”「スゴイの見つけましたよ!」と師匠の言葉どうり、随所にボードの性能の高さを発揮する。 細身の体型ながら骨太なのか適度に重量がある、その重量が漕ぐときの安定感を生み出しているのだ。そして細身の体型がひと漕ぎ、ふた漕ぎ推進力を生み出す(はやい!グングン進む船みたい)滑っていくのも速い!なんでも出来そうな感じ(しかし乗り手の能力が?)まだ初心者の私にはこのくらいしか、我が「愛機」の感想がわからない。しかし乗る回数だけは格段に増えている。これが凄く嬉しい! さて「愛機」アーモンドを得た五十二歳。次なる目標は?本職「鳶」のごとくヒラヒラと「愛機」の上を歩きたい!乗りこなしたい。何よりもいつまでもサーフィンをしていたい。「夢」を諦めたくないのだ(若くいられるらしい、「夢」を持っていると) だから師匠これからもよろしく!波乗り仲間のBくん、Mちゃんもいつも仲良くしてくれてありがと!そしていつも海に行っていることを知っていても、何も言わずに仕事をしてくれる「若い衆」感謝してます。何よりも「海いくの、鈴木さんに電話した」と送り出してくれる我が奥様、いつもありがとね。 とことんサーフィンを楽しむぞ〜!